常磐線で帰る。

25歳のブログ

コッペリア

新国立のコッペリアを視聴

見終わって、記事を書こうと思ったが、自分のツイートの方が熱がこもってて面白かったのでそのまま埋め込んじゃおうとしたんだけどうまく埋め込めなかった

プティ版コッペリア、コケティッシュで、エスプリが効いていて、キュンとしてしまう!バレエだから踊りはもちろんなんだけれど、表現がすごい、リアル。コッペリウスが偏屈なオッサンではなくて、ちょっと拗らせた変態紳士なのもまた良い。言い方が悪いけれど、スワニルダやお友達のビッチくささがツボ!色恋と踊りだけで毎日ハッピー♡な様子が、コッペリウスの悲哀を一層際立たせていて味わい深い...

他の日程を見ていないからわからないのですが、本日のスワニルダは私の中でのスワニルダのイメージぴったり!!!感情が豊かすぎて、コロコロ変わる表情と、ぱっちりおめめ!スワニルダですもう。恋人以外にも女を振りまいてるのもまた良い。コッペリウスが熱狂するのもわかるくらい小悪魔。たまらん。。さっきも言ったけど、いい意味ですごくビッチなの。かわいい。友だち含め、出てくる女の子がちょっとだけおバカそうなのが、いいんだよな。お尻フリフリしてさ!苦手な人は苦手な振り付けなのかな〜

フランツのホカホカした表情も良かった。やる気はあるけどたまにポンコツなみんなの人気者!で、プンスカするスワニルダをあしらいつつ楽しそうに踊るの、多分登場人物みんなアホなんだよな、いい意味でね!コッペリウス以外のみんな、とにかく若さ!エネルギッシュ!イケメン大好き!綺麗な女の子大好き!踊るの大好き!(1幕)そして若さ故の不法侵入!器物損壊!窃盗!(2幕)何事もなかったかのようにお祝い!人形壊れちゃってドンマイおっさん!肩ぽんぽん!(3幕)よくよく考えたらひでぇ話だな

舞台で1人、放心状態のコッペリウス同様に私も放心。これ、無料でいいの...!?

次は劇場で!

バレエは最高だ!!!!ありがとうございました!!!!!

2021のGW

去年のゴールデンウィークのこと、びっくりするくらい思い出せない。あんなに熱心に繋いでいたzoomも全く使わなくなったな

今年は、本当は良くないのかもしれないけれど、宮城と兵庫に行っていました。実家に挨拶へ。久しぶりに緊張した。私ってこんなに喋れないっけ

1日目の仙台、雨

ラーメン食べて、雨宿りに仙台Rensaへ。アラバキの映像を観る。マスクをしていない人々がひしめき合っていて、遠い昔の出来事を見ているみたい。大切なものを奪われた気がして、気がしてと言うか本当に奪われたんだけど、とにかくめちゃくちゃに悔しくて悔しくて悔しかった!帰り際アラバキ関係で働いている高校時代の友だちがいて、話しかけたけれど、悔しさがまとまってなかったからうまく話せなかった。次会う時はエコキャンプみちのくだといいね

夜は一生分の牛タンを食べた。牛タン最高

2日目、寿司食べて岩沼へ向かう

金蛇水神社に初めて行った。上の方まで登って岩沼を見下ろして、楽しかったなあ。おみくじを引いたら、大切なものはすぐそばにありますと。確かに、そんな気がした。車で閖上にも行った。今まで私を支えてくれた両親と、これから支え合うであろう?交際相手と車で地元を眺めるのは不思議な気持ちだった

いただきコッコちゃんで爆食いしてお腹いっぱいになり22時に寝る

3日目、朝からラーメン食べて飛行機に乗る。飛行機怖い。何回乗っても怖い。神戸空港に着き、明石へ。交際相手のご両親とはじめまして。何を話せばいいのかわからずただニコニコするだけで終わってしまった。ワ...!とかフフ...!しか会えなかった。ちいかわかよ

明石の商店街へ連れてってもらう。商店街大好きなのでテンションが上がる。明石焼きを購入。ご実家でいただくことに。開けてびっくり、15個も入っているのね明石焼き!出汁の中でボロボロくずれて、たまごスープになってしまった。隣を見たら、出汁は綺麗なままで、崩さずに食べている。地元民強し

お腹いっぱいで、気づいたら寝ていた。ずっと食べてるな

最終日、神戸市内を観光しようと外に出るも、土砂降り&緊急事態宣言なのでお散歩程度に留めておく。異人館の外観を眺める。弘前を思い出す。レトロな建物、好きだなあ。結婚式あげるならレトロな感じがいい。なんならいっそ、昔の貴族か?ってくらいにしたい。縦ロールだ

婚約者の祖父母宅へ。私、自分のおばあちゃんすら1年以上会うのを躊躇っているのに、大丈夫かしらと思いつつ、向こうはとても楽しみにしてくれているようだったのでドキドキしながら向かう。ケーキでもてなしていただいた。こどもの日のチョコプレートつき。5/5だもんね。なんだか心があたたかくなった。はじめて会ったのに、家族みたいで、嬉しかった。帰りは新神戸まで送っていただく。緊張しつつも、お母様と一緒に短い時間、お土産のお菓子をチェック。15分程しか時間がなかったので、いそいそと乗車。たこつぼに入ったご飯を新幹線の中で食べながら、怒涛のGWだったなあと振り返る

今年の5月は、間違いなく転機

コロナだからできないことはたくさんあるけれど、できることからちゃんと対策してやっていこう

帰宅して、新神戸での帰り際に渡されたお土産の中に、これ可愛いですねと話したお菓子が入っていて、なんだかキュンとした私でした

なんて真面目な記事!

以上、GW雑な備忘録でした、おしまい

 

ドラマチック私生活

コロナは一旦置いておいて、

置いておけないけれど、コロナを気にしたらキリがないので一旦置かせていただいて、

このGWに結婚報告を兼ねて婚約者兼同居人と互いの実家に行く予定、明日から3泊4日で

昨日、婚約者に内示、地方へ

んんんんんんんんんどうする?

こういう時、一般的には席を入れて、2人で地方に行くのがベターだと思うし、多分ほとんどの人がそうすると思うんだけれど

どうしても私は行けない、東京でやり残したことがあまりにも多すぎるし、夢を叶えるには東京じゃないと難しい

着いていくよ!と答えられない私は、とてつもなく自分勝手なのかな?

でも私の人生は私の人生だし、後悔したくない

どうしようか?どうしようね

悩める5月のスタート

さて、どうしようかな

あまりにも急展開

思ってた以上に私の生活はドラマチック

どうしたらいいかは自分たちで決めていかないとね

銀座でヘヘイヘイ

やっぱり、夜が好きな気持ちが抑えられなくて、銀座の、スナックで働かせてもらおうと体入する今日この頃。弘前時代にお世話になったおばとみは、飲み屋の形をしたスナックのような不思議な何かで、水商売かと言われたら、そうかもしれないし、そうではないかもしれない。数ヶ月間在籍した青森のクラブのようなキャバクラのようなお店は、みんな真っ白なキャバスーツだった。客が来なくてずっと待機している日もあったな。国分町の朝キャバ時代もあったけれど、あれはキャバクラではない。夜通し飲んだ酔っ払いの介抱だ。

どうせやるなら、ちゃんとやる。が、モットーなので、それならば銀座でしょうと踏み込んだものの、銀座は別格だった。今までの東北の小さな繁華街の水商売なんて、経験値の足しにもならなかった。

銀座で出会ったママは、すごい人だった。私がお店を出したいと言うと、お店を出すまでの売り上げや、名刺の数や、ドレスの選び方を、特に自慢げな様子もなくサラリと話してくれた。私からしたら突拍子も無い数字が並ぶけれど、きっと銀座では普通のことなのだ。

今まで、なんとなくスタイルが良くて、美人で、上手いことやってきた自分は、自分の価値を過信していたのかもしれない。銀座という場所において、私は安物のセール品だと思わずにはいられない。店を出そうだなんて、恥ずかしくて仕方がない。きっと妥協すればなんとでもなる。場所を変えればハードルの低い「かわいい」なんていくらでも手に入るのだ。でも、一度銀座に足を踏み入れてしまった私は、安物のかわいいには全く興味を持てなくなってしまった。本物の、美しさ、私自身の価値を、諦めるには早すぎる。その為には銀座で必死に頑張るしかない。

もしかしたら、もう来なくていいよと言われるかもしれない。厳しい世界だし、私より秀でた人があまりにも多すぎる。それでも、また働かせてもらえるのであれば私は、いい靴と、1番似合うドレスと、キラキラのメイクとヘアスタイルで、ブランドのお店がひしめく銀座を闊歩したい。わからないことは全部聞くし、映画も小説もニュースも隈なくチェックする。

やるからには本気だ、待ってろよ銀座!

Change the world

(I can't)

 

さて、4月ですね

新しい世界へ一歩踏み出した方も多いかと思います。山手線は今年度も変わらず疲れたサラリーマンと、ピカピカスーツの新入社員と夜ご飯の準備に急ぐパートのママと、なんの仕事かわかんない派手なメイクのお姉さんとやたらリュックのでかいメガネのお兄さんと、暖かさに浮かれた感情をぐちゃぐちゃに詰め込んで車両間隔を調整しておりました。4月は電車がよく遅れるね

4月になると、それが自分の意思じゃなくても、とにかくなんとなく何かが変わるよね

できれば自分の気持ちに沿った形で変わるのが1番なんだけれど

この4月からの私は、自分で決めて、自分で変わる、つもり。つもりね!

春の暖かさは僕から何を奪うんだっけ?誰の曲だっけ?と思いながらスーパーで玉ねぎ買って帰ったら、Syrup16gだった。奪われていたのは言葉だったよ

世界を変えられなくても、毎日をちょっとずつ変えられたらいいよね

どちらかというと春は、andymoriを聴きたくなる気がする

アンディとロックを聴きたくなる

もう戻れない場所や、もう会えない人が増えるからかな

私は未来を期待するのと同じくらい過去を愛おしく思っているよ

私は変わるし、みんなも変わるけど、過去は変わらず大切だし、未来はもっと良い感じに変えていくんだ

まあとにかくガンバロって話!グッバイ♡

白鳥の湖

f:id:kakironix:20210324230702j:image

観てきました〜!三代バレエ!不朽の名作!

しかもKバレエ!!

すごい、すごいんですよ舞台が

芸術的なんですよ、、、舞台だけでもう一つの芸術作品かな?と

はじめもはじめ、オデットがロットバルトに白鳥に変えられてしまうシーン、マントの中から一瞬で衣装が変わって、びっくり、バレエ?マジック?もうすでにドキドキ

豪華なお城の一幕、三幕と、湖畔の二幕、四幕の対比が美しい。ダンサーの技術はもちろんのこと、照明やスモーク、オブジェの細部までのこだわりが感じられて、もっと近い席にすれば!と

ここ最近よくバレエを見に行くけれど、今日のKバレエのダンサーさんたちは、他のバレエ団よりも腕の使い方が激しい?というか、キレがあるような、そんな気がしました。素人目だけど、、、

そして、、やっぱ、、、オデットとオディールの踊り分けが、、、、本当にすごい!儚げな白鳥と妖艶な黒鳥を1人で踊り分けているなんてすごすぎる、どちらも美しいのには変わらないのだけど、美しさの種類が違う。でも同じ人が演じている、すごい

手の動きひとつでも違うの。なんでジークフリードは騙されるんだ、大馬鹿者め!と思いつつ、怪しい魅力たっぷりの黒鳥のパドドゥは最高、、、好きになっちゃうじゃん、、、、

白鳥のあの動作、家で真似してみても、ただのバサバサにしかならないのだけれど、プロのバレリーナは本当に白鳥なの、素敵だよね

白鳥のコールドは美しすぎて、息が止まりそうだったよ

配信もあるから、全人類に見てほしい

バレエを見ると言う、選択肢があることがすごくうれしいなと思う今日この頃

次は何を見に行こうかな

月の家

久しぶりに書く気がする

たまたまTwitterで100日後に死ぬワニの1年後の投稿を見て、もう1年経ったのかと驚いた。去年のことが、もう何年も昔みたく思える。なんとなくリプライを見ていたら、1年前とは打って変わってディスりの嵐、まあ、そんなもんだよな世の中

 

f:id:kakironix:20210322204903j:image

ホワイトデーにゴディバをもらって、毎晩ひとつ食べることだけが喜び

 

最近は、ちょっと忙しくて、自分を見失いかけていて、無理やり毎日インスタグラムを更新して、道を真っ直ぐに直している。歩こうと思うと、思ったよりたくさん自分には足枷がついていて、一歩が重くてびっくりする。なんとかしないとな

弘前や東北を発信するインスタグラムを始めてから、教育実習の時にお世話になった先生や、おばとみ時代の知り合い、青森を盛り上げる活動をしている人、意外な出会いがたくさんあった。やってみるもんだよな。重い足だからこそ動かして得るものが大きい。

会社、やめよっかな

ずっと地下で、パソコンと睨めっこして、私の20代は後半分しかないのに、こんな消費のされ方ってないよ

なんてグダグダと誰にも言えずに落ち込む毎日。履歴書に写真を貼る闘志と、正社員じゃなくなる恐怖。将来を委ねる相手がいる安心と、後戻りできない怖さ。毎日吐きそう

 

関係ないけど、この間食べたスコーンがおいしかった。食べたものが美味しいって嬉しい。f:id:kakironix:20210322204956j:image

理由はわからないけれど、食べたいという気持ちだけがずっと上昇してて、寝たいはそれの半分くらい。性欲いたっては皆無に近く、男の人が近くにいるだけで気持ちが悪いし、エッチな漫画にも嫌悪感。前は別になんともなかったのに、女子トークの下ネタも、そういうの、もういいって、と聞く気が失せる。なぜ?

そうだ、スコーンの話。月の形でかわいいよね

月といえば、最近偶然耳にした、シベリアンフィッシュツリーというバンドの、月の家という曲がすごくよかったから

検索して聞いてみてね